So-net無料ブログ作成

虐待の傷跡…絵は叫ぶ「お母さん!」 確かな境遇への渇望(産経新聞)

【虐待はどんな傷を残すのか】(2)

 傷つけられた子供の目に「虐待の風景」はどう見えていたのか。東京都江戸川区で今年1月、継父と実母から暴行を受け死亡した小学1年、岡本海渡(かいと)君=当時(7)=が亡くなる2カ月前に描いた絵がある。

  [グラフで見る]小さな体はミイラのよう…増えるネグレクト

 国語の教科書の童話に添えられた母グマと2頭の子グマの写真をまねて、鉛筆で描いた。亡くなった際に開かれていた区の展覧会で優秀作に選ばれた作品だが、3頭の中で母グマだけ目がつり上がっていた。

 兵庫県尼崎市で平成13年、小学1年の勢田(せた)恭一君=同(6)=が継父と実母の虐待により死亡し、運河に捨てられた事件。恭一君は保護された児童養護施設から一時帰宅する直前、施設で海水浴へ行った思い出を絵日記に残していた。絵は手前に海が、奥に砂浜が描かれていた。

 心理療法の一つである絵画療法の専門家、吉田重人さん(65)は「子供がつり目の絵を描いたからといって、すべての親が虐待しているわけではないが」と前置きし、こう続けた。

 「クマは母性の悪い面の象徴であり、ふだんは抑えられている母親観を示している。一方、海水浴の絵は海と砂浜の位置が真逆だ。自身が海という不安定な場所にいて、陸に上がりたい、確かな境遇へ行きたいという願望を表している」

 ■親に愛してほしい

 絵画療法に詳しい目白大学の田中勝博教授(57)=臨床心理学=は「子供は言葉で表せないため、絵で示す。児童相談所で保護された子供が、自身がもう安全なのだと安心し、抑えていた感情を絵であふれさせることはよくある」とし、海渡君のクマの絵についてはこう述べた。

 「クマの母子は仲よく寄り添っている。母親の愛情を求めているように見える。親に愛してほしい。それが亡くなった子供の願望だったのだろう」

 親に愛されたいと思う気持ち。それは子供の本能といってもいいだろう。その思いがかなわず、逆の仕打ちを受けたとしたら…。

 東京都の会社員、松本めぐみさん(32)=仮名=は地方都市で過ごした少女時代、実母からしつけと称して日常的に身体的、心理的虐待を受けた。

 何をやっても決して褒められなかった。ほうきで叩(たた)かれ、尻はあざだらけだった。

 「どんなに叩かれても母からの愛情をあきらめなかった。あきらめられなかった。求めても得られなかった愛情は、次第に色を変え黒くにじみ、心に影を落としていった」

 高校時代に恋愛し、恋人に依存した。それでも満たされず、売春まがいのこともしたという。

 ■私で終わりに

 虐待された子供が親になったとき、わが子を虐待してしまう虐待の世代間伝達(世代間連鎖)。さまざまな研究から、虐待する親の3割に当てはまるといわれるが、松本さんは結婚し長男(1)を身ごもったときは迷い抜いたという。

 「生まれてくる子供を愛おしく思えるだろうか。虐待して殺してしまわないだろうか…。誰にも言えない不安が心をさいなみ続けた」

 結局、わが子を虐待することはなかった。保育所へ迎えに行くと息子ははち切れんばかりの笑顔で胸に飛び込んでくる。自分も全身で受け止める。

 なぜ連鎖を止められたのか。学生時代の恋人がかけてくれた言葉が支えになっているからだという。

 《あなたは、お母さんとは違う。あなたは、あなただよ》

 松本さんは言う。

 「虐待は子供の心に取り返しのつかない傷を作る。親の愛情を最も求める時期に虐待が長い間続くことが、どんなに子供の成長を妨げるか。自分と同じような子供を作りたくない。私だけで終わりにしたい」

 ●体験や意見をお聞かせください【あて先】news@sankei.co.jp(都道府県や国名、年齢、性別をお書きください)

【関連記事】
連載「虐待はどんな傷を残すのか」(1)親から認められぬ子供 自分の価値が分からない 連載「なぜわが子を傷つけるのか?」(1)〜(5) 止まらぬ虐待、愛されなかった過去…
1歳長女の頭や手足に骨折 傷害容疑で両親逮捕 大阪府警
玄関先で立ち話、家には一切入らず…家庭訪問に“異変”
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応

小沢氏、再び不起訴 供述食い違い、真相は?(産経新聞)
<囲碁>史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー(毎日新聞)
<交通事故>保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)

振り落とされ男性死亡、殺人容疑で男2人逮捕(読売新聞)

 京都府福知山市で16日、アパートに侵入した2人組の男の車を制止しようとした近くの無職、北野孝さん(59)が車から振り落とされ、死亡した事件で、京都府警は17日、同市荒河、会社員井上慎伍(23)、滋賀県長浜市高月町、家事手伝い小柳憲士郎(22)の両容疑者を、殺人の疑いなどで逮捕した。

 北野さんを振り落として逃げたことを認めているという。

 発表によると、井上容疑者は16日午前5時5分頃、同市堀のアパートに住む派遣社員の男性(38)方に、浴室の窓から侵入。男性に見つかり、アパート近くに止めていた車で小柳容疑者と逃げる際、男性の妻からの連絡で駆けつけ、車の前に立ちはだかった北野さんを車のボンネットに乗せて走り、170メートル先で振り落として殺害した疑い。

ギャルみこしオーディション、竹の棒担ぎアピール(読売新聞)
大阪女性失跡 死体遺棄で交際相手の会社役員逮捕(産経新聞)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
三社祭でスリ「体力衰え、雑踏転向」の70歳(読売新聞)
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。