So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)

 今国会の会期を巡って与党間の攻防が続く中、茨城県守谷市は10日、参院選を「24日公示 7月11日投開票」と明記した広報を配布した。24日公示の場合、次の広報発行日が公示を過ぎてしまうため「見切り発車した」という。選挙日程がずれた時は訂正チラシを全戸配布する。

 「広報もりや」(A4判)は毎月10、25日の2回、約2万1000部を発行。区長を通じて希望者と公民館、金融機関などに配布している。参院選の案内は2ページ目にあり、投票時間や期日前投票場所、開票場所などを紹介している。市選管によると、広報校了日の今月1日時点で、7月11日投開票の可能性が高いと判断し、印刷を決めたという。

 だが、広報を手にした市民から「国会でもめているのに、正式決定のような書き方で紛らわしい」などの苦情があり、寺田功一総務部長は「事前に通知した方が良いと思い、見切り発車した。誤解を与えたようで申し訳ない」と釈明。訂正チラシの配布には約20万円の経費がかかる見込みという。【中野秀喜】

「はやぶさ」奇跡の帰還に生中継なし テレビ局に失望と批判の声(J-CASTニュース)
iPad向け、本の「格安」電子化業者が出現(読売新聞)
<スポーツ基本法案>自公が再度衆院に提出(毎日新聞)
2010年の壁(1)画期的な新薬生み出せず(産経新聞)
早期殺処分を確認=日向市長と口蹄疫対策協議―農水副大臣(時事通信)

「未払い願」を悪用 首都高料金未払い100回 詐欺で会社員逮捕(産経新聞)

 高速道路の料金を支払う意思がないのに、後日支払うことを約束する「未払い願い」を提出して料金所を通行したとして、警視庁高速隊は詐欺などの疑いで、東京都品川区南大井、会社員、工藤健司容疑者(35)を逮捕した。

 同隊などによると、工藤容疑者は「以前、財布を忘れたときに未払い願いの仕組みを知って悪用した」と容疑を認めている。平成18年5月から昨年10月までの間、100回以上計約7万円分を未払いで通行していたとみて捜査している。

 逮捕容疑は、昨年3月17日午後6時ごろ、首都高速6号八潮南料金所を通過する際、現金がないことを装って料金所職員に未払い願いの提出を申告し、通行料金700円を支払わずに通行したとしている。

 「未払い願い」は、料金所で現金の持ち合わせがない場合に、後日支払うことを約束して名前や住所を記入する申告書。

 同隊によると、工藤容疑者は10年に免許取り消し処分を受けたまま、運転を続けていたという。

【関連記事】
後払い制度を悪用し高速タダ乗り 男を逮捕
水道窃盗の男を逮捕 「トイレが流せないと困る」
振り込め詐欺でマジシャン逮捕 ゼンジー北京に師事
振り込め詐欺グループ6人逮捕 出会い系サイトで570万円詐取か
「巨額の公共料金まけて」 ネパール元国王が嘆願

<雑記帳>新社会人「年功序列」希望が4割以上 ネット調査(毎日新聞)
「公訴時効見直し仕上げた」 千葉法相、死刑ゼロに「議論起こせず、反省」も(産経新聞)
民主、複数候補擁立を見直し…次期選対委員長(読売新聞)
1審無罪の覚醒剤使用事件 逆転有罪判決 「弁護士への連絡妨害、なかった」 東京高裁(産経新聞)
後継選びスタート=菅氏有力、4日代表選―民主(時事通信)

虐待の傷跡…絵は叫ぶ「お母さん!」 確かな境遇への渇望(産経新聞)

【虐待はどんな傷を残すのか】(2)

 傷つけられた子供の目に「虐待の風景」はどう見えていたのか。東京都江戸川区で今年1月、継父と実母から暴行を受け死亡した小学1年、岡本海渡(かいと)君=当時(7)=が亡くなる2カ月前に描いた絵がある。

  [グラフで見る]小さな体はミイラのよう…増えるネグレクト

 国語の教科書の童話に添えられた母グマと2頭の子グマの写真をまねて、鉛筆で描いた。亡くなった際に開かれていた区の展覧会で優秀作に選ばれた作品だが、3頭の中で母グマだけ目がつり上がっていた。

 兵庫県尼崎市で平成13年、小学1年の勢田(せた)恭一君=同(6)=が継父と実母の虐待により死亡し、運河に捨てられた事件。恭一君は保護された児童養護施設から一時帰宅する直前、施設で海水浴へ行った思い出を絵日記に残していた。絵は手前に海が、奥に砂浜が描かれていた。

 心理療法の一つである絵画療法の専門家、吉田重人さん(65)は「子供がつり目の絵を描いたからといって、すべての親が虐待しているわけではないが」と前置きし、こう続けた。

 「クマは母性の悪い面の象徴であり、ふだんは抑えられている母親観を示している。一方、海水浴の絵は海と砂浜の位置が真逆だ。自身が海という不安定な場所にいて、陸に上がりたい、確かな境遇へ行きたいという願望を表している」

 ■親に愛してほしい

 絵画療法に詳しい目白大学の田中勝博教授(57)=臨床心理学=は「子供は言葉で表せないため、絵で示す。児童相談所で保護された子供が、自身がもう安全なのだと安心し、抑えていた感情を絵であふれさせることはよくある」とし、海渡君のクマの絵についてはこう述べた。

 「クマの母子は仲よく寄り添っている。母親の愛情を求めているように見える。親に愛してほしい。それが亡くなった子供の願望だったのだろう」

 親に愛されたいと思う気持ち。それは子供の本能といってもいいだろう。その思いがかなわず、逆の仕打ちを受けたとしたら…。

 東京都の会社員、松本めぐみさん(32)=仮名=は地方都市で過ごした少女時代、実母からしつけと称して日常的に身体的、心理的虐待を受けた。

 何をやっても決して褒められなかった。ほうきで叩(たた)かれ、尻はあざだらけだった。

 「どんなに叩かれても母からの愛情をあきらめなかった。あきらめられなかった。求めても得られなかった愛情は、次第に色を変え黒くにじみ、心に影を落としていった」

 高校時代に恋愛し、恋人に依存した。それでも満たされず、売春まがいのこともしたという。

 ■私で終わりに

 虐待された子供が親になったとき、わが子を虐待してしまう虐待の世代間伝達(世代間連鎖)。さまざまな研究から、虐待する親の3割に当てはまるといわれるが、松本さんは結婚し長男(1)を身ごもったときは迷い抜いたという。

 「生まれてくる子供を愛おしく思えるだろうか。虐待して殺してしまわないだろうか…。誰にも言えない不安が心をさいなみ続けた」

 結局、わが子を虐待することはなかった。保育所へ迎えに行くと息子ははち切れんばかりの笑顔で胸に飛び込んでくる。自分も全身で受け止める。

 なぜ連鎖を止められたのか。学生時代の恋人がかけてくれた言葉が支えになっているからだという。

 《あなたは、お母さんとは違う。あなたは、あなただよ》

 松本さんは言う。

 「虐待は子供の心に取り返しのつかない傷を作る。親の愛情を最も求める時期に虐待が長い間続くことが、どんなに子供の成長を妨げるか。自分と同じような子供を作りたくない。私だけで終わりにしたい」

 ●体験や意見をお聞かせください【あて先】news@sankei.co.jp(都道府県や国名、年齢、性別をお書きください)

【関連記事】
連載「虐待はどんな傷を残すのか」(1)親から認められぬ子供 自分の価値が分からない 連載「なぜわが子を傷つけるのか?」(1)〜(5) 止まらぬ虐待、愛されなかった過去…
1歳長女の頭や手足に骨折 傷害容疑で両親逮捕 大阪府警
玄関先で立ち話、家には一切入らず…家庭訪問に“異変”
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応

小沢氏、再び不起訴 供述食い違い、真相は?(産経新聞)
<囲碁>史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー(毎日新聞)
<交通事故>保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)

振り落とされ男性死亡、殺人容疑で男2人逮捕(読売新聞)

 京都府福知山市で16日、アパートに侵入した2人組の男の車を制止しようとした近くの無職、北野孝さん(59)が車から振り落とされ、死亡した事件で、京都府警は17日、同市荒河、会社員井上慎伍(23)、滋賀県長浜市高月町、家事手伝い小柳憲士郎(22)の両容疑者を、殺人の疑いなどで逮捕した。

 北野さんを振り落として逃げたことを認めているという。

 発表によると、井上容疑者は16日午前5時5分頃、同市堀のアパートに住む派遣社員の男性(38)方に、浴室の窓から侵入。男性に見つかり、アパート近くに止めていた車で小柳容疑者と逃げる際、男性の妻からの連絡で駆けつけ、車の前に立ちはだかった北野さんを車のボンネットに乗せて走り、170メートル先で振り落として殺害した疑い。

ギャルみこしオーディション、竹の棒担ぎアピール(読売新聞)
大阪女性失跡 死体遺棄で交際相手の会社役員逮捕(産経新聞)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
三社祭でスリ「体力衰え、雑踏転向」の70歳(読売新聞)
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信)

大田区の住民 用地取得費5億に疑問 損害補填求め監査請求(産経新聞)

 5億円の用地取得費は高すぎる−。大田区東蒲田に建設予定の区総合体育館の用地取得をめぐり、住民からこんな声が上がっている。区が実勢価格にあわない高額な値段で土地を購入したなどとして、住民ら約60人が、区が被った損害約1億5千万円を補填(ほてん)するための措置を松原忠義区長らに求める住民監査を請求。22日に開かれた監査委員会では、住民らから「高級住宅街と同じ価格での購入は明らかにおかしい」などの声が出ていた。

                   ◇

 住民監査請求をしているのは、体育館の建設予定地付近の住民ら約60人。

 監査請求書などによると、区は平成20年11月と21年3月、体育館の建て替えのために、旧体育館跡地の隣に建つマンションと土地を計約5億円で購入した。

 このマンションは昭和54年5月に分譲されたにもかかわらず、「築浅マンションが買える価格で」という所有者らの要望に沿った価格で購入していた。マンションの解体価格約4千万円も区が負担した。

 さらに、土地の購入価格も実勢価格とかけ離れていた。平成20年の体育館付近の公示価格は1平方メートル当たり38万9千円だが、区が拠出した土地代は1平方メートル当たり61万円で1・5倍以上も高いという。

 22日の監査委員会で意見陳述した佐藤梢さんは「JR大森駅近くで高級住宅街の大田区山王3丁目でも68万円なのに、明らかに高額な買い物」と指摘した。

 また、今野洋子さんは「区の住民説明も不足。住民が区のマンションと土地の取得を知ったのは、区と解体工事業者が請負契約が結ばれた前後の21年4月だった」と陳述した。

 これに対して区は、「体育館の充実を図るためには必要な拠出金だった」としている。区教育委員会によると、この土地は体育館本体には使われず、臨時駐輪場や屋外多目的スペースになるという。

 監査請求の結果は5月末ごろまでに出るが、却下された場合、住民らは住民訴訟を起こす構えだ。

1000万ドルの夜景に新シンボル=タワー改修、LED7000個−神戸(時事通信)
<村上春樹さん>「1Q84」BOOK3が100万部達成(毎日新聞)
東京都人口が1300万人突破、一極集中鮮明に(読売新聞)
コブフウセンウオ稚魚、飼育施設で初の孵化 鳥取(産経新聞)
仕分け 独法の無駄追及 第2弾 労政研究事業は廃止 (産経新聞)

医療改革のグランドデザインを承認―日産婦学会総会(医療介護CBニュース)

 日本産科婦人科学会は4月22日の総会で、「産婦人科医療改革グランドデザイン2010」を承認した。年間500人以上の新規産婦人科専攻医の確保や、助産師養成数の年間2000人以上への増員など、20年後の90万分娩に対応した体制づくりに向けた具体的な数値目標が示されている。策定に当たった医療改革委員会の海野信也委員長(北里大医学部産婦人科学教授)は総会後の記者会見で、「今後、この方向性で学会としてやっていく。(目標は)決して無理な数字ではない」と述べた。

 海野委員長によると、2009年度に新たに同学会に入会した産婦人科専攻医は452人だった。06年度が329人、07年度が335人、08年度が402人。海野委員長は、「過去4年間は間違いなく増えてきている」とし、10年度はさらに増えるとの見通しを示した。
 一方、過去5年間の助産師国家試験の合格者数は1500-1700人で推移しており、今後500人程度の増員が必要とされる。海野委員長は08年度に始まった厚生労働省の「助産師養成所開校促進事業」により、助産師養成所が増えていると指摘。助産師養成数は「今後増えてくるだろう」との見方を示した。


【関連記事】
地域差考慮した医療改革のデザインを―産科婦人科学会
人を大切にする医療システムを
保助看国家試験の合格者を発表―保健師と助産師の合格率が2ケタ台の減少
大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会
産婦人科・産科の医師数10年ぶり増―厚労省調査

<天下りの塔>事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
ペット大量投棄事件、現場に慰霊碑建立検討(読売新聞)
「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)
17年前にも「創新党」 小沢氏ら、新生党旗揚げ時に検討(産経新聞)

参院選出馬を否定=任期を全うする−東国原宮崎知事(時事通信)

 宮崎県の東国原英夫知事は14日、自民党の舛添要一前厚生労働相と15日に会談することに関連し「任期いっぱい全うしようと県民と約束しているので参院選に出馬することはない」と述べ、今夏の参院選への出馬を否定した。兵庫県西宮市内で記者団の質問に答えた。
 また、知事は「地方分権がわたしの持論。この改革を断行できるならどの方でも応援できる」と述べ、地方分権改革を重視する政党を支援する考えを示した。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕議場で話し込む舛添前厚労相
舛添氏に苦言=石破自民政調会長
舛添、東国原氏あす会談
地域主権「こっちが先行」=鳩山首相、山田氏新党構想にチクリ
自民党の政権力委員会(ネクスト・ジャパン)

土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
【from Editor】懐かしい上坂先生の一喝(産経新聞)
<お父さん犬>名誉駅長に 福井鉄道・北府駅(毎日新聞)
船体に赤い塗料…シー・シェパードの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国(産経新聞)

男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)

 小中高生を勧誘し、裸体を撮影した映像を販売していた国内の「男児ポルノ専門サイト」が初めて、埼玉県警に摘発されていたことが14日、捜査関係者への取材でわかった。

 サイト主宰者の男は日英中3か国語のサイトを運営し、「モデル募集」「高額報酬」などと勧誘しては映像を国内外の愛好者らに販売、売り上げは確認されただけで年間千数百万円に上る。国内では「女児保護」の一方で見過ごされがちな、男児を対象としたポルノ産業と性被害の実態が浮かんでいる。

 捜査関係者によると、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春、単純製造、提供、公然陳列)などの疑いで逮捕、起訴されたのは、川崎市中原区中丸子、デザイナー小林葉介被告(29)。逮捕容疑は、昨年12月、神奈川県内のホテルで東京都内の当時中学1年の生徒(13)に3万円を渡し、わいせつ行為を撮影するなどした疑い。

 小林被告は少なくとも5年前から、主宰するサイトやネット掲示板などで「3時間で30万円以上も」「夢を持つ少年をサポート」などと男児を募集。首都圏や大阪などで撮影を繰り返していたという。ポルノはDVD1本数千円〜3万円程度で販売、サイトには顔や性器の無修整画像の見本が並び、中には10歳前後の児童とみられる映像もあった。

 県警は、サイトに顔が出ていた小中高生約50人と未公開だった約10人のうち、首都圏や東北地方などの中高生十数人を被害者として特定。小遣い稼ぎのつもりで撮影に応じた後、再度の撮影依頼を拒むと「撮ったものを販売する」と脅され、わいせつ行為を強いられた男児もいたという。

 3か国語でサイトを運営していた小林被告は、英国やウクライナ、中国などの外国銀行にも振込先口座を開設していた。小林被告は「少年愛の素晴らしさを広めるためだった。率先して販売したくはなかった」と供述しているが、県警は、男児ポルノ販売をビジネス化していたとみて、全容解明を進めている。

垂直尾翼ではく離=ISSドッキングに影響なし−山崎さん搭乗のシャトル(時事通信)
和歌山で和解4例目 障害者自立支援法違憲訴訟(産経新聞)
核サミット「国際協力のため重要な会議」鳩山首相(産経新聞)
女子大生の財布狙う 窃盗未遂容疑、文科省事務官を逮捕 警視庁(産経新聞)
3000万円相当?金7キロなど医師宅で盗難(読売新聞)

「左右をよく見て」新1年生対象の交通安全訓練(産経新聞)

 新たに小学校に入学した児童たちに交通ルールを学んでもらおうと、警視庁は6日、墨田区向島の区立小梅小学校で、新1年生を対象とした交通安全訓練を行った。池田克彦警視総監は「横断歩道を渡るときは左右をよく見て」「道路には飛び出さないで」と呼びかけ、実際に児童たちと一緒に横断歩道を渡った。

 この日、同校で入学式を迎え、新1年生となった児童は約40人。児童たちには帽子に付ける黄色い交通安全ワッペンが配られた。その後、池田総監を先頭に近くの国道交差点に移動し、手を挙げ横断旗を掲げながら交差点を1周した。

 参加した黒羽美(み)瑛(えい)ちゃん(6)は「緊張したけどうまく渡れた。これから右と左を見て手を挙げて渡ります」と元気に話していた。

【関連記事】
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
小学校入学時、母の不安は「犯罪」「事故」
「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署
ピッカピカの1年生を守れ みずほなど「黄色いワッペン」贈呈
一日署長・押切もえ、横断歩道で笑顔
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

大手町駅ホームで突き落とし(産経新聞)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
米NPRを歓迎 岡田外相、日本の安全保障「影響ない」(産経新聞)
アフガニスタン 不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)
スイセンをニラと間違え、家族4人が食中毒(読売新聞)

ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)

 3日午後4時頃、香川県三豊市豊中町のため池「裏新池」で、近くの会社員矢野雅一さん(40)の次女、麻弥ちゃん(3)が浮いているのを捜していた母、尚子さん(25)が見つけた。

 麻弥ちゃんは尚子さんに引き揚げられ、近くの病院に運ばれたが、約1時間後に死亡が確認された。

 三豊署の発表によると、池は農業用のため池で、麻弥ちゃんは付近で遊んでいたという。池の周囲にフェンスはなかった。

下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す(産経新聞)
首相動静(4月5日)(時事通信)
ジョンソン&ジョンソンに立ち入り=価格維持のため、広告規制−公取委(時事通信)
閉鎖的な組織風土 虐待問題で厚労省が報告書(産経新聞)
「金返してくれないからやった」 車に男性監禁、容疑の男2人逮捕(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。